世界を魅了し続ける 究極の食文化

CONCEPT

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社とは

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社は、代表取締役であり、饗応料理研究家でもある緋宮栞那が中心となり運営されています。 日本の食文化伝承を基本として、出版、講演、料理教室、会食会、資格講座等を中心に活動しています。

日本の食文化の基本は、自然のリズムから成り立っています。
自然のリズムは、私たち人間の英知をもってしてもおよぶところではありません。 例えば野菜は、自らは化学分析のことや栄養価のことも知らず、自分たちに必要な栄養や水分を土の中や空気の中から分量を間違えずに取り入れ、 毎年決まった時に同じ色の形や香りを出して花や葉、実を作ります。 そして素晴らしいことに、人間や他の生き物たちが必要な栄養素である、タンパク質やビタミン、ミネラルまで作って与えてくれています。 このようのことは、どんなに立派な科学者でも絶対に真似ができないことです。

私たち人間は、目に見える肉体を目に見えないエネルギーによって生かされていたり、生かしあったりしていることに気がつきます。 人間界や植物界、動物界もすべて自然のリズムで循環しており、秩序が守られ融和しているのです。 万物は循環しながら生かし合っているということになります。
「生きる」ことは自然のリズムに合わせていくことであり、そこから外れると心や体のバランスが崩れ、病んでいってしまいます。

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社では、このような「自然のリズム」を食に託し、世界に誇れる日本の健康食の開発と伝承、研究と教育活動を中心に運営されています。

日本の誇り、「おもてなしの心」を――。

饗応料理研究家 管理栄養士

緋宮 栞那

 

管理栄養士、日本食文化研究家(饗応料理研究家)として活動し、メディア出演および講演、執筆など数々の実績があります。
日本食の歴史についても熟知しており、話の奥の深さに定評があります。

PROFILE

メディア出演&講演活動について

メディア出演の内容

  • 【管理栄養士としての活動】
    • 季節の料理、健康食、世界の料理の提案と指導、料理解説、クッキング実演、コメンテーター、汗臭、番組制作指導、健康モデルとして
    • メタボリック・生活中看病・婦人病・ホルモンバランスに関する栄養管理とコメント・料理実演、汗臭、番組指導
    • ダイエット・美容・美肌・加齢・セルライト除去などの栄養管理と食生活指導、料理提案・実演・監修、健康モデルとして
    • 料理のカロリー計算と健康栄養指導の監修とコメント
    • レストラン番組、美容番組、健康番組の監修、指導、コメンテーター、商品解説など
    • お茶、お酒、ドリンク、スイーツに関するコメントと指導、監修、商品解説など
  • 【日本食文化研究家としての活動】
    • 日本のおもてなしと作法について、指導、コメント、監修、実演、実習モデル
    • 武家の饗応料理、殿様料理について
    • 各藩の饗応料理、おもてなし料理、47都道府県の郷土料理について
    • 戦国武将の食文化(強靭な体力と精神力) 提案、指導、監修、実演、創作
    • 陣中食・忍者の食事(体力増進と頭脳明晰食) テアン、指導、監修、実演、創作
    • 地場産業を活性化させるための、食からの見解、コメント、番組指導
    • 「ハレの日」と「ケの日」の日本の料理としきたり
    • 古式ゆかしき婚礼料理の歴史観、伝統食指導、完了、コメント、料理製作
    • 歴史番組の指導と料理提案(江戸時代・戦国時代・平安時代・古代食)
    • 日本文学と食のかかわり(古事記・日本書紀・源氏物語・戦国記・饗応・幕末・明治維新・近代史からみた日本の食文化の解説指導)
    • 日本の調味料とつまものの解説、指導、コメント
    • その他多数、ご提案いたします

講演・演題のご提案

  • 【歴史・教育編】
    • 日本食はなぜ世界で一番人気があるのか ~世界無形文化遺産となった理由~
    • 「大奥の食卓」 ~姫たちの美と健康、そして幸せ~
    • 「武士の食卓」 ~和食が世界無形文化遺産となったわけ~
    • 歴史の流れと食文化 ~公家と武士のおもてなし~
    • 子どもの食育・大人の食育 ~「いただきます。ごちそうさま。」~
    • ハレの日とケの日 ~マツリ文化と日本人の食生活~
    • 幕末の英雄たちは、何を食べていたのか ~英雄の歴史を作った食生活!~
    • その他多数、ご提案いたします。
  • 【栄養学・健康学編】
    • メタボリック解消!生活習慣病解消! ~これを食べれば健康になる~
    • 絶対やせる! ~幸せになるダイエットメニューと5分体操~
    • やさい・お魚・お肉のコンシェルジュ ~健康と食材の選び方~
    • 自然のリズムと生きる、日本の食材 ~長寿と健康の秘訣~
    • 食事で健康を作る秘訣を伝授 ~何をどれだけ食べたらいいのか~
    • 本当の「活食」は、和食にあり! ~栄養学と健康学~
    • 日本の食養・食べることで健康になる! ~日本の調味料とつまもの~
    • その他多数、ご提案いたします。

BOOKS

著書紹介

『武士の食卓』

幻冬者
2011年2月

『The SAMURAI GOURMET』

One Piece Books
2013年11月

『大奥の食卓』

講談社
2012年10月

『ふたり分のあっさりご飯』

グラフ社
2008年10月

『週末カンタンきれい食ダイエット』

小学館
2006年4月

『東大生認定 アタマがよくなるレシピ』

生活情報センター
2005年4月

BRAND

武士の食卓
饗応料理研究家である「緋宮栞那」が、日本古来の食養学、本草学、薬食学を研究し、「世界に誇れる日本の健康食」をまとめました。その料理の総称を「武士の食卓」といいます。 「時代考証再現食」として料理を作り、日本の歴史と文化を料理に託して伝承することを目的としています。

COURSE

「和食伝承士基礎講座」修了コース

「武士の食卓」を多くの方に継承して頂き、先人たちが培ってきた世界に誇れる健康食を子々孫々と伝承していけることを願い、講座を開設させていただきました。
私たちの一番の願いは、「日本文化伝承」。そして、日本を海外に伝える国際人の育成です。
一人でも多くの方にそうなっていただけるよう、全力でサポートいたします。

大奥総取締役が伝授してきた日本文化と和食の基本

  • 江戸時代~武家の五代節供について
  • 大奥の食卓~徳川家の食育から学ぶ現代を生きるための知恵
  • 調理実習(一汁三菜) - 時代考証再現食

など

これを知らねば日本を語れない

  • 歴史観・宗教観・時勢・環境に基づく和食の流れと成り立ち
  • 日本人の和心を学ぶ
  • 調理実習(一汁三菜) - 江戸時代のおもてなし料理

など

世界をうならせる最高のおもてなしはここにある

  • 大名が守った藩のしきたりと郷土料理
  • 大奥の食卓~徳川家の食育から学ぶ現代を生きるための知恵
  • 調理実習(一汁三菜) - 加賀・前田家の饗応・おもてなし料理

など

日本を代表するステージがここにある

  • 武士の食卓ビジネス基礎知識
  • 和文化教養講座
  • 和食教養講座

など

EDUCATION

教育ということ

「伝統的なアジア人から学ぶべき価値がある」
論語に描写される孔子を模倣

学習の目標は自己を磨く術を身につけること。
どんな人になるかは、人生を生きていく中でどう自分を磨くかにかかっている。
「貴方は何かに才能を持って生まれてきたのではない。自己を鍛えることで物事に精通できるのであって、先天的な才能ではなくて練習と訓練に集中するべきだ」
教養のある道徳的な人物になることが目標そのものだったのです。

教育を通じ、状況をよく把握でき、周りの人々を助けられるように振る舞うことを教えました。そして何よりも、リーダーには倫理観が必要だと説きました。
人間は自身が権力を行使できる位置にあるならば、権力のない者を助けるために、どう体制を運営しなければならないのかを悩める人格が必要なのです。
教育は、より良い人間になるように訓練することに どれだけ学んだかではなく、学んだことを通じて日常生活で周りの人々に良い影響を与えられるかが重要なのです。
業績や指導技術といった形式的側面よりも、常に善人になろうとする心がけが教師の条件で最も大事。

教師が完璧な人間でなくても、善人としての心構えがあれば、周囲の人びとに良い影響をもたらし、生徒もそれを真似するだろうという理念でした。
倫理感がない試験には何の意味もありませんでした。教師は、善い行いを奨励し、次の世代にも同様にさせることが理想とされました。
儀礼は、伝統社会で先祖や精霊を崇拝するために行われていた古い習慣。
儀礼は、結婚式の誓いのように、変化をもたらすときに、効果を発揮します。人生の儀礼を真剣に行わなければ、そこから得るものは何もありません。

「武士の食卓」公式ブログ
女の一分

PARTY

饗応料理の会

各藩主のご子孫をお招きして演題をやっていただいたり、それにまつわる時代考証再現食を食したりする会でございます。

開催予定

現在、開催予定はございません。

過去の開催実績

2014年4月25日(金)
殿様の会
織田信長のビッフェスタイル 饗応の会 ~織田家ご子孫をお迎えして~
2014年6月16日(月)
殿様の会
黒田官兵衛の時代考証再現食 ~黒田官兵衛ご子孫 黒田清隆氏をお迎えして~
2014年8月20日(水)
殿様の会
伊達政宗にまつわる時代考証再現食 ~伊達政宗子孫・伊達家ご当主をお迎えして~
2014年11月17日(月)
殿様の会
武田信玄の戦勝祝い食 「戦勝・祈願料理 祝い膳」 ~武田信玄ご子孫 武田家ご当主をお迎えして~
2015年1月19日(月)
幕末英雄の会
木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年2月16日(月)
幕末英雄の会
第2回 木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年4月27日(月)
幕末英雄の会
勝海舟・江戸幕末時代考証再現食 ~勝海舟玄孫の髙山みな子氏をお招きして~
2015年5月19日(火)
幕末英雄の会
黒田清隆の幕末 時代考証再現食 ~ご子孫 黒田清久氏をお迎えして~
2015年6月15日(月)
殿様の会
薩摩・島津家 士風の会 ~島津家ご投手 島津義秀氏をお迎えして~
2015年7月24日(金)
幕末英雄の会
西郷隆盛の会 時代考証再現食 ~西郷隆盛ご子孫をお迎えして~子孫しか知らない本当の姿~
2015年8月24日(月)
殿様の会
川中島の戦い 時代考証再現食 ~武田信玄・上杉謙信 ご子孫をお迎えして~
2015年9月26日(土)
幕末英雄の会
榎本武揚と勝海舟 ~榎本武揚ご子孫・勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年10月20日(月)
幕末英雄の会
坂本龍馬と勝海舟の会 ~坂本家ご子孫 勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年11月25日(水)
殿様の会
上杉謙信公の篠笛 ~上杉謙信公のご子孫をお迎えして 謙信公愛用の「ひとよぎれ」~
2016年1月7日(月)
饗応料理の会
和食の神様・四篠司家 包丁道 ~包丁道・四篠隆彦先生をお迎えして~
2016年2月9日(火)
幕末英雄の会
大久保利通の会 ~ご子孫である大久保利泰さまをお迎えして~
2016年3月2日(水)
英雄の会
「真田幸村の饗応の会」ご案内 ~真田信之公のご子孫であられます、真田幸光先生をお迎えして~
2016年4月5日(火)
英雄の会
上杉鷹山の饗応の会 ~上杉鷹山のご子孫をお迎えして~
2016年5月26日(木)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日(木)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日(木)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年6月21日(火)
殿様の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~徳川様をお迎えして~
2016年8月30日(火)
饗応料理の会
蘭学と食養の会 ~医師の村田先生をお招きして~
2016年8月30日(火)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~村田朗医師をお招きして~
2016年8月30日(火)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第2回蘭学と食養の会~
2016年9月29日(木)
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第3回蘭学と食養の会~
2016年10月26日(水)
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年10月26日(水)
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年12月12日(月)
饗応料理の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月12日(月)
殿様の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月18日(日)
饗応料理の会
ムスヒ財団主催パーティー ~井下田久幸氏をお迎えして~
2017年1月10日(火)
英雄の会
新年祝いの会 ~九重親方をお招きして~

ANTIQUES

「饗応離宮」古美術について

武士の食卓・教養離宮では、饗応料理の会にてお客様をお迎えする際、最高のおもてなしをモットーに、「江戸時代の古美術」にお料理を盛り込んでおもてなしをさせていただいております。
気品ある高御膳から小さな器ひとつひとつ、歴史の香りのする古美術品とともに、現代の作家物や緋宮の手作りの器で、料理を演出させていただいております。

徳川家の「葵の紋」、南宋時代の天目茶碗、古九谷と古伊万里。江戸時代の大名や重臣の家に伝わるお膳を準備させていただいております。 お客様に大名気分で楽しんで頂けるように、心を尽くし、美術品をお披露目させていただいております。
なかなかお披露目できなかった時期もありましたが、そろそろ「時が来た」のでしょう。
故郷、金沢から大切に大切に東京まで運んでまいりました。

一番のお気に入りは、国宝物の徳川家と前田家のお膳。そして、素晴らしい茶器の数々。
ぜひ、ご興味のある方は、饗応離宮まで「美術館散歩」の気軽さでお越しいただけたら、とてもうれしく思います。武家の饗応料理の会「殿様の会」にて、お披露目させていただいております。

饗応料理研究家・緋宮栞那

講座や「饗応料理の会」の詳細については武士の食卓オフィシャルサイトからもご覧いただけます。

武士の食卓オフィシャルサイト

MOVIE

公式動画

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社の公式動画です。雰囲気を感じていただくためにも是非ご鑑賞ください。

COMPANY

会社概要

会社名 きれい塾JAPAN CULTURE株式会社
連絡先 本店 〒102-0075 東京都千代田区三番町5番地19-1206号
電話 03-3239-9119
FAX 03-3239-9118
責任者 緋宮 栞那
設立 平成18年7月26日
目的
  1. 料理、食生活及び食文化に関する情報の提供、調査、研究、コンサルタント
  2. 料理、食生活及び食文化に関する製品の企画、開発、販売、保守、管理
  3. 料理、食生活及び食文化に関するインターネットを利用した情報提供サービス業、通信販売業、情報提供の仲介業、デジタル・コンテンツ等の製作、販売、保守、管理
  4. 料理、食生活及び食文化に関する書籍、雑誌等の出版及び販売
  5. 古物営業法に基づく骨董品、工芸品等の買受、売却、交換、交換の委託請負、保守、管理
  6. 前各号に附帯し、または関連する一切の事業及びサービスの提供

CONTACT

お問い合わせ

03-3239-9119
お電話でのお問い合わせ 受付時間:平日11時~18時まで
info@kireijukuculture.com